予防歯科
あなたは虫歯になりやすい?

予防がなぜ必要か?

 

様々な歯の治療がありますが、一度削ったり被せた歯はもう健康な歯ではないのです。
骨や皮膚などと違い歯は再生する事はありません 何かの素材で歯を真似て作っているだけです。 健康な歯に勝るものはありません。どうかご自分の歯を守る意識を高めてお口の中の病気を予防して下さい。

予防とは?
1.”セルフケア”と “プロフェッショナルケア”の両方が必要

大切なのは患者さんと歯科医院の役割分担をお互いが理解し、共有すること。予防を成功させるためには“セルフケア”と“プロフェッショナルケア”の両方が必要です。なかでも、患者さん自身が行なう毎日のセルフケアが重要な鍵を握ります。 「何のためにどのようなセルフケアをすれば、どうなれるのか」を患者さんが把握すること。歯科衛生士は、定期的に来院する患者さんに合わせた プロフェッショナルケアを提供すること 患者さんと歯科衛生士、お互いが協力しあうことではじめて患者さんの口腔内は、健康な状態を維持できるので す。

2. 患者さんの自己診断力を高める情報提供をする

「どうしてこの歯ブラシを使うのか」「どうして歯科医院でクリーニングをしなければならないのか」「どうして食生活を見直すと良いのか」など、患者 さんへの提案にはそれぞれ意味があります。それを理解してもらうことが口腔内の改善と予防を実現するための近道です。

3. 定期健診とメインテナンスの違い

よく聞く定期健診とは、“治療終了後、新たな問題が起きていないかをチェックする”ための来院となります。 それに対してメインテナンスは、“健康な口腔内の維持やさらに健康にするために、継続的にお手入れする”ことを意味します。単なるチェックや早期発見ではなく、ゼロからプラスの状態へ。より健康にするための歯科医療を提供するのがメインテナンスです。問題を未然に防ぐことがとても大事なのです。

4. 本当のスタートは治療を終えたときからはじまる

一度治療したはずのむし歯がまた痛くなり、再び治療のため来院。そして、歳を重ねるごとに詰め物がどんどん大きくなっていく……。多くの患者さんが このように痛くなったときだけ歯科医院に通う関係を繰り返しています。 そこで重要なのが治療中、そして治療直後の情報提供です。我々はなぜ治療をしなくてはいけない状態になってしまったのか。どうしたら今後、健康な状態を 保っていけるのか、一人ひとりの患者さんに合わせたリスク(弱点)やセルフケアの方法、メインテナンスに通う意味と頻度をお伝えする必要があります。 「もう二度と痛い思いをしたくない」「ずっとこの快適な状態を保ちたい」と、治療後の想いを継続できるためのサポートが私達の提供する”予防”なのです。

当院は数値化してお伝えできます

今では歯茎や唾液等の検査データから様々な指標で口腔内の状況の数値化が可能です。  その数値を正常に近づけるためにメンテナンスが存在します。 定期的なケアにより 97.7%の確立で自分の歯を残すことができ るという研究結果が発表されています。 また世界の予防先進国と比べ、日本人の予防意識が低いのも事実です。 しっかり予防意識を持ち定期検診を行うことで、一生自分の歯で過ごせる確立は高まります。

世界各国の定期的に歯科検診・クリーニングを 受けている人の割合

 

世界各国の70歳の残存歯数

予防の方法は?

 

代表的な方法として「PMTC」と「トリートメントケア」があります。 以下それぞれの特徴と、その効果を見ていきましょう。

PMTCとは

PMTCとはプロが専用の器械で徹底的に歯を磨き上げるクリーニングです。痛みや不快感は殆ど無く、むしろお口全体に爽快感が広がります。

 

どんな人がPMTCを受けますか?

PMTCは予防歯科の代表的な方法です。従って全ての方が対象となりますが、治療部分が多かったり、歯を悪くするリスクが高い方は特に必要性が多いです。インプラントをされている方や入れ歯の方も可能です。

 

PMTCの効果は?

1.歯質の強化
フッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム化)を促進し、歯のエナメル室を強化します。

2.虫歯の予防(予防効果70倍)
歯垢の再付着を防ぎ虫歯を防ぎます。ご自身で行う毎日のブラッシングだけの場合に比べ、70倍も虫歯になりにくいというデータもあります。

3.歯周病・歯肉炎の改善・予防
ご自身でのブラッシングでは不可能な歯肉部分の歯垢除去も行うため、歯肉の炎症を改善します。また歯肉の引き締め効果もあるので歯周病・歯肉炎の予防にもつながります。

4.審美性の向上
タバコのヤニや茶渋、コーヒーなどによる沈着した色素を取り除き、歯本来の歯面をとりもどします。また、汚れがつきにくくします。(より白い歯をご希望の方はホワイトニングが必要です。)

5.口臭予防
口臭の素となる歯石やプラークを取り除きます。

まずはお話しを聞かせてください

お一人おひとりのお口の状況に合わせて適切なケアを提案したします。
まずはお気軽にご相談ください。